-

任意整理というのは一般的に債務整理とも呼ばれていて各貸方に借金の支払いを行っていくことを選択した債務整理の手順になります。実際としての流れは司法書士の資格を持つものや弁護士が債権を有する者と借り手との仲介役として示談し利息を定めている法律にかんがみて利息の再計算を行って一から計算しなおした借入金の元金にかかってくる利息を削った形で3年ほどの時間をめどに返済を完了する整理手順です。この手順を踏む場合はいわゆる裁判所といった国家機関が口出ししないのでそのほかの処理と比べた場合でも手続きを行った場合の不利な点が一番小さく方策が依頼者になにも問題がないため最初に比較してもらいたいルートだといえます。さらに、債権を有する者がサラ金業者といったような法外な利息の場合法で定められている貸出利息を超えて返した利息分にあたっては借入金の元金に充てると考えて借金の元金それそのものを少なくすることもできてしまいます。ですから、ヤミ金業者みたいな法外な金利のところに長い期間返済している場合にはかなりの金利分をカットできる場合もあり、10年以上続けて返済してきたケースでは借金自体がなくなることもあります。任意による整理の利点を挙げると破産申告とは違って特定の借金だけを処理することができるため、他の連帯保証人が関連する借入金以外だけで手続きしていく際や自動車ローンを除き検討したい際等においてでも検討することも可能になりますし全ての資産を手放す必要がないので、マイカーや土地などの自分名義の財産を持っていて、手放してしまいたくない状況であっても選択肢になる債務整理の手順といえるでしょう。しかしながら、手順を踏んだ後返済していく額と現実の所得額を比較検討して、妥当な範囲で返済の目処が立つ場合においてはこの方法で処理を進めるほうが良いですが破産手続きと異なり借金自体がなくなってしまうというわけではありませんので、負債の額が多い状況の場合実際的には任意整理で手続きを踏むのは困難になるということになるでしょう。