-

数年来、概してどの保険会社も値段釣り上げをしつつあります。自動車損害保険が料金を値上げするということになるとじかにわたしたちの生活にかなり甚大な衝撃を与えてしまうのです。しかし、どうして自動車損害保険が料金釣り上げを実施されるという事態になっているのか、知りたいとは思いませんか。その現象の主要な原因として思い当たることは、大きく2項目あるのです。まず最初に老齢の運転手が次第に増加していることが挙げられます。車を保持しているのがごく当然の世界になったので、高齢者の自動車ドライバーも増えつつあります。その上この国では超高齢化社会に移行しつつあるといった趨勢があるため、日増しにどんどん老年期の自動車ドライバーが増える時勢となっています。老齢のであるならば通常は保険の料金が低額に設けられているので会社にとっては大してうま味があるとは言えません。何故かというと掛金が割安なのに自動車事故などのトラブルを起こされてしまったならコストに見合わない補償を支払わないといけないという事情があるからです。とすると、損を取る可能性が非常に上がるため、会社からしてみれば保険の料金を高くするという手段に及ぶしかありません。そして、2個目の原因として考えられる事は、若年者の車所有に対する無関心であると考えられます。高齢の自動車ドライバーは増えつつありますがそれとは裏腹に若年世代はクルマというものに憧れを抱かなくなってきたのです。この原因にあたるものは公共の交通機関の拡充とお金に関わるものです。収入の安定した職業に身を落ち着けることが難しい若者が多く存在するのでマイカーを購買するお金がないといった方も存在します。また、昔の考え方であれば乗用車を所有していることがステータスだという社会通念がありましたが、昨今では乗用車の所有がステータスだとは言えなくなってきたというのは皆さんも実感しているかもしれません。故に、保険の掛金が高齢者よりもコストに見合わない若年世代の保険申込者が数を減らしているのです。そういった様々な問題が積み重なって損害保険会社も保険料釣り上げに踏み切らざるを得ないのだと考えられるのです。