-

愛車を走らせている時、「クルマを持ったままで直ぐ融資可」というような立て看板や張り紙が偶然見かけることも多いでしょう。このような広告は、車担保融資のお知らせであることが多いはずです。車担保融資と呼ばれている言葉は、聞いたことがあっても、実際にどのようなローンの方法なのかあまり把握していない人も中にはいるはずです。車担保融資とは、それほど世の中に浸透していないローンキャッシング方法ともいえるかもしれません。車担保融資では、自動車を返済に行き詰った際の保険にすることで、車の現時点の査定額を出し、その査定枠中で融資を行っています。一般のクルマ買取専門店での査定と同様に、年式が経つ車や改造車であったりする場合は、査定額が低くなってしまうことがあるようですので、車を担保として融資を受ける時には覚えておくといいと言えます。車担保融資は、「車」という形があるのものを担保にする方法ですので、消費者金融などでローンが受けられない人でも問題なく査定限度内でのローンキャッシングを行えます。また、銀行や金融業者での融資には様々な手続きの流れや審査がありますが、クルマという実質資産を使って行うキャッシングですから、そういうものが要らないってこともあるようです。この頃では、愛車を返済に行き詰った際の保険にしてローンを受けても、クルマを今まで通り継続して保持することが出来る車担保融資も増えてきていると思います。しかし、この方法の弱みとしては、クルマの査定額にローンの上限額も影響するので、持っている自動車によって、本人が期待する額の融資を受けられないということも十分あると聞きます。車を返済に行き詰った際の保険にしますから、万が一借りたお金の返済が出来ない際は、直ぐにクルマを引き渡さなければならないというのも、欠点となります。車が生活する上で欠かせないものである世帯では、自動車を、担保とするキャッシングのやり方は、相当危険性があるといえるはずです。