-

一般的に任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは違って、自賠責保険の範囲ではまかなうことが難しい補償を受ける大切なより充実した保険です。健康美容解説.com

これは任意の保険の考え方は自賠責保険の上乗せという意味合いで働きますので、自賠責保険でまかなえる支払いの限界を超えた際に機能します。

それに自賠責保険だけでは対物損害については補償が受けられないのでそこのところをカバーするのであれば任意保険に加入しておく必要があります。

もう任意保険の保険料を支払い済みの愛車を廃車にする際は日本の車とか海外の車ということは例外なく、残金が返金されます。

国産メーカーの自動車を査定に出す場合についても同じです。

自動車損害賠償責任保険は一般的には加入したままでいるのが通例ですが任意保険は全員が加入する保険ではないですから、中途解約になります。

さらに、契約解除したあとはすでに 納めている残っているお金が返還されることになります。

車の売却が決定したと言っても即加入している任意保険を解除するというのは危険です。

当然、即中途解約するとその分還付される額は多くなりますが、もしかしたら中古車専門店が遠くにあって自ら持っていくようなケースでは保険なしで車の運転をする必要があります。

緊急事態を想定して絶対これから自分で車の運転をすることはない状況になる時まで任意保険のキャンセルはすることがないようにしてください。

クルマを引き取ってもらって、新しい車両に乗り換える場合だったら構わないのですが、もしも長い間運転をしない状況が続いて任意保険に入っている意味がなくなってしまったらこの任意保険に加入していない時があると、以前継続していた等級が下がるため任意保険の保険料が増額されます。

この時では「中断証明書」という書類を出してもらうようにする必要があります。

この「中断証明書」を使えば、一定期間は中断前の等級を引き継ぐことができます。

これは13ヶ月以内であれば発行依頼をすることができますので、今現在で愛車を売却していて、「中断証明書」という書類を発行してもらっていない状況でしたら、その保険会社や保険代理店にその旨を伝えるようにしましょう。

もしまたクルマを買って購入した後に前に持っていた愛車を引き取りしてもらう場合は、任意保険はどちらか一方のみの契約です。

保険の更新という対応になるため乗る必要がある車ならば処分までには注意しましょう。

また任意保険という保険は車種で金額が相当変化してくるので自動車買取の時は任意保険を見直してみる良いタイミングといえます。