-

よくあるビギナー向けの外為の雑誌では「マイナスになった時にはナンピン買いをすることで、全体のコストを低くする」などと助言されている事もありますが、実際にはこれには相当の隠れたリスクがあると考えます。2017 福袋 子供服

ナンピンのロジックに関して記述します。英語 速聴 聴速 フリーソフト

ひとつの例として1ドル=100円でドルを買ったとします。wixoss 速報

ドル買いということでドル高になるほど儲けが大きくなるわけですが、1ドル=95円まで円高方向に触れたとします。テラスハウス ハワイ 動画 20話 無料

この状況で保持し続けたとしたら損がなくなるまでにはマイナス分、円安ドル高が進まなければならない。医薬分業に関する薬剤師アンケート

誰でも、マイナスは出来るだけ早く無くしたいと考えるでしょう。デリケートゾーンを洗浄する

このため最初に買ったのと同じ額のドルを、1ドル95円で取引します。ワークアウト 横浜

それで、ポジション全体の買い付け単価は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。ビローザ

この結果、半分の幅で円安ドル高が進めば、マイナスを失くすことが出来ます。話題の台湾風おとなかき氷機!電動でふわふわのとろ雪を家庭用で堪能DOSHISHA

この流れがナンピンの仕組みです。

このとおり、ナンピンの手法を理解すると、「まちがいない」と思ったりするが市場は容易には思うようにはいきません。

95円が下限だとということなど誰一人として分かるはずがありません。

仮定として、為替相場が相当に強いドル安地合だとしたら、95円ではとどまらず、更に一段のドル安が加速する可能性が高いです。

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず、1ドル=95円までドル安が進んだらナンピン買いした分についても赤字が生じることになってしまうのである。

それでは、一番初めにエントリーしたドルと合計で、倍のマイナスが生じる事になります。

それほど、ナンピン買いは大変です。

それならば、相場が自分のストーリー展開とは別の方向にどんどん行ってしまった場合どのような術で危険の確率を回避すればいいのでしょうか。

この場合選べる術は2つしかありません。

まずひとつめは観念して損切りをすること。

別の方法としては、その時に、保持している買いポジションを少なくする事によってもう一度マーケットがリカバリするのをひたすら待ち望むことです。

相当受動的な術だと言う投資家もいるでしょう。

だけど、所有している買いポジションにマイナスが出た時正しい術はこの他には考えられません。

言うまでも無く、理屈の上ではナンピンという手法もありえます。

だけどナンピンはあなた自身が損失を披っている状態で、買いポジションを整理するどころか反対に買いポジションを積み増していく対策です。

この手法では、リスクを回避することなどどう頑張っても無理だと思うべきです。

ナンピン買いを続ける事ができればいずれは利益を上げられるかもしれません。

しかし、それより先に資金がマイナスになってしまいます。