-

破産宣告にあたって自分の債務にあたりその保証人を立てている場合には、あらかじめ連絡しておいたほうが無難です。75-18-44

ここにおいて、改めてお話ししますが、負債に保証人が付いているときは、自己破産手続きの前段階できちんと考えた方がいいでしょう。75-9-44

その理由は今あなたが破産手続きを取って受理されると、保証人となる人があなたが借りた借り入れをまとめて背負うことになるからです。75-20-44

破産申告の前段階に保証人に、これまでの詳細とか現状について説明しつつ、謝罪をしなければいけないでしょう。75-4-44

そういうことは保証人になるひとの立場からすると当然のことです。75-12-44

破産宣告するために、有無を言わせず膨大な借金が生じてしまうのですから。自律神経失調症 症状 眠い

そうして、以後のその保証人の選べる選択ルート以下の4つです。75-7-44

一つめは、あなたの保証人が「全部返金する」という手段です。75-19-44

保証人である人がいつでも数百万円の借金をラクに返せるほどの資産をたくわえているならばこの方法を取ることが選択できるでしょう。75-17-44

でもその場合は自分は破産手続きせずに保証人となる人に立て替えを依頼してあなた自身は保証人となる人に定額返済していくという解決策もあるのではないかと思います。75-13-44

保証してくれる人が関係が親しい場合は少しだけ期日を猶予してもらうことも不可能ではないかもしれません。

まとめて弁済不可能だとしても貸金業者も話し合えば分割での返済に応じてくれるかもしれません。

保証人にも破産による整理を実行されると貸したお金がなにも手に入らないリスクがあるからです。

その保証人が保証した借金を全額まかなう財産がなければ、あなたとまた同じくいずれかの負債の整理を選ばなければなりません。

2つめは「任意整理」による処理です。

これは相手方と示談することで、おおよそ5年弱のあいだで弁済していく方法です。

お願いするときの相場は1社ごとに4万円ほど。

全部で7社からのローンがあるとしたら約28万円必要です。

むろん債権者側との交渉は自分でやってしまうこともできますが知識のない素人だと向こう側が自分たちに有利な条件を用意してくるので、慎重である必要があります。

それと、任意整理をするという場合も債務を負担してもらうことになるのですから借りた本人は時間がかかるとしてもあなたの保証人に返済を続けていく義務があるでしょう。

3つめですが保証人となる人も返せなくなった人とともに「破産を申し立てる」という選択肢です。

その保証人もあなたといっしょに自己破産をすれば保証人の負債も消えてしまいます。

ただし、保証人がもし土地建物等を持っている場合は私財を失ってしまいますし、税理士等の職業についているならば影響は避けられません。

そのような場合は、個人再生制度を活用できます。

では4つめの選択肢は「個人再生による手続きを取る」方法についてです。

土地建物等を残したまま債務整理をする場合や破産申し立てでは資格に影響する業務についている方に有効なのが個人再生です。

個人再生なら住居する不動産は処分しなくてもよいですし自己破産のような、資格制限等が何もかかりません。

75-11-44 75-10-44 75-16-44 新谷弘実 酵素