-

かなり便利に使うことができるカードローンなのですが忘れてしまってはいけないのは金融機関というものは売上を立てるために利子を設計していることです。貸主はカード会社ですから当然ですが、ローンの利率というのはけっこう高いです。グレーゾーン利率がまかり通っていたころには29.20%などという、ものすごい利息で設定していたのです。加えて当時は総量規制などというものはありませんでしたから、どのようにも契約していたのです。当然ながら、不良債務者を大量に輩出し、バンザイする方が増えてしまったのです。結果総量規制のおかげで最終的には業者自らの退路を断つことになったのです。それはそうとして、現在では利息は大分低くなってきましたが、そうはいっても住宅ローンと比較して高い水準なのは変わりがないと言えるでしょう。借りてくる元金が少ないのであればそれほどには負担にはならないかもしれませんが、高額に及ぶカードローンをしてしまった場合それに比例して引き落しの回数も多くなります~、払う総額についても相当な額になるはずです。現実に計算機などで算出してみたら最終的に相当の金額を返済に充てていることが浮き彫りになると思います。こういった内容を当たり前だと思うかそうではなく無駄なことであると感じるかはその方次第ですが、私ならこれだけの金額があるのでしたら多くのものを買うことができるのにと考えてしまいます。こ金利を支払いたくないという方はがんばって返済回数を繰り上げるようにします。若干でも支払をしておくことで、支払月数を短くすることができます。何かしらの理由もなくカードローンするような人はいません。どうしても理由があって仕方なく借金するので、そうした後は支払いを少しでも繰り上げる工夫が要求されるのです。かつもっと金銭に余裕があるときに多く支払って、早期支払いをするようにしましょう。