-

自動車での事故が起きた場合、あなたが車の事故の被害者であったとしても、向こう側が間違いをひとつも受容しない場面は聞くことがあります。Bizoux(ビズー)

一例として、故意に起したのではなく注意が足りなくて乗用車をぶつけた時などに、こうした押し問答に発展する場合がありがちです。ラ・ファミーユ

とは言っても、事故現場で車だけの物損片付けられて、時間が経過して症状が現れた時に通った病院の証拠となる診断書警察に提出するのでは対応が遅くなるというのはしょうがなくなってしまいます。ミリオンキングダム

それならば車の事故の過失割合の確定にはどういう基準が設定されているのでしょうか。ミレイズ

しっかりと言いますと、警察が決めるのは主として自動車事故の責任があったのはどちらであるかという内容であり、過失割合ではありません。はっぴぃタイム

さらに言えば、決められた事故の責任者が警察署からはっきりする事は事態は有り得ません。リップルキッズパーク

それだから、割合は本人たちの協議により決められ、その事が賠償額の算定基準になります。コトハコーヒー

その場合に、両者共に任意で加入できる保険に入っていなかった状況ではお互いが直接的に調整しなければなりません。きらりのつくりかた

しかしながら、当然の事ですがこういう協議では、感情的なやり合いになるケースが高いです。ジェイウェルドットコム

これに加えて、互いの主張に隔たりがあれば下手をすると、裁判にまでもつれ込みますが、この場合貴重な時間と訴訟費用かなりの無駄は避けられません。ポイントランド

なので普通は各々のドライバーに付随する自動車の保険会社、そのようにそれぞれの自動車の保険会社に調整を委任する策を活用して、相当な過失の割合を理性的に決定させるのです。

この場合保険会社は以前の交通事故の訴訟の判決から計算した元となるもの、判断例を元に、予想と交渉を活用して過失の割合がどうなのかを決めます。

とは言え車の事故の例では、不幸にも関わってしまったのか巻き込んでしまったのかを考える前にまず110番通報するのが鉄則です。

その上で自動車保険会社にやり取りをして、交渉を頼むのが手順になります。

その仕組みさえ分かっていれば、お互いの建設的でない議論となる場合を回避できるに違いありません。

ソワン Remery(リメリー) キッズアイランド