-

新聞の宣伝、ゴシップ新聞、街中にあるチラシやDMなどで、「多重負債の整理手伝います」「多重負債を一本化しませんか」という惹句を目にすることがありませんか。PCマックス

これらは、「片付け屋」「買取業者」「つなぎ屋」という通称の企業のおとり広告の場合があったりします。税理士変更 大阪府

そのようなものを利用した場合は自己破産フローの中で一番大切な免責認可を受けられなくなるパターンがありえます。

「片付け屋」では、ビラなどで借金を抱える人は寄せ集め、相当な手数料を受けて負債整理をやりますが、結局のところ借金整頓はなされず、当人は一層の負債地獄に陥ってしまう結末がほぼすべてと言ってよいでしょう。

「買取業者」の場合借金者の借金で電気製品、チケットなどを買わせて債務者から品を購入額の20%ー40%で買い上げるというやり口のようです。

借金者はそのときはお金がもらえますが必ずカード業者経由の買ったものの全額の督促がくることになり、現実には負債をアップさせるだけです。

この場合、クレジット会社へ詐欺行為ということになり免責承認をもらえなくなります。

「紹介業者」の場合大企業のサラ金から貸してもらえなくなった債務人に対し、業者としては資金提供は全然せずに、融資をしてくれる同業者を教え、高すぎる紹介料を取っているグループです。

つなぎ業者は高度な経由で融通可能となったというふうに会話しますが、実際は何もしないで単に審査のゆるい会社を説明しているだけというやり口です。

このケースだと借金額をアップさせることになります。