-

FXのパターンには取引所取引という場所がございます。日常的の外為(FX)会社とトレードを実施するものを「店頭取引」と言うのですが、取引所を通過させないで売り買いの目標は外国為替証拠金取引(FX)企業になります。「取引所取引」という所は外国為替証拠金取引(FX)企業はとはいっても仲だちであるので、ストレートの売買対象は取引所という訳になっています。その相違をここで少し比較してみます。「店頭取引」の例は預けておる証拠金はFX企業に束ねされているのです。一方「取引所取引」の次第、こちらの証拠金は全ての額取引所にデポジットしないとならないと義務づけられています。そうすることにより外為(FX)会社が破綻するような話が例えあったとしても、取引所取引は取引所によってお金は全てのお金が守護してもらえることになります。場合はFX会社が管理しているため、場面によっては会社ダウンのあおりをこうむり預けていた証拠金は擁護されないかもという可能性があります。その上税金面からも両者では規定に差異が見受けられます。「店頭取引」では、為替差益やスワップポイントなどを雑所得として賃金と合計で申告せねばなりません。ものの確定申告せず済むおりもあるらしいので、自分にマッチするのかしないのか十分確かめるようにしてください。もしかしてあなたが勤労者で年収2000万円以下給与所得以外の実収が20万円以下(いくつかの会社から給与所得がなし)といった基準を満たしていれば特例というお話で確定申告はしなくてよいのです。FX(外国為替証拠金取引)利潤が20万円以上の時は確定申告しなければいけません。税金の度合いは実収に伴い5パーセントから40パーセントの6段階に組み分けされていて収入が高ければtaxも値上がりします。「取引所取引」については、利潤があった時はそれ以外の所得とは別で考え「申告分離課税」のターゲットとなってしまいます。税率は一律20%となるのですが、万一損金が断定されたという事ならば「取引所取引」の得策として損失分を次年以降に繰越するということが可能です。上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低いtaxになる時というのも大いにあるのでふまえて研究していった方が良いでしょう。分けても新参者の方なら、株価の上がり下がりや円相場に日ごと配慮し、利益や赤字にドキドキする事によって、税金の事柄を忘れがちになってしまうこともあるので要注意です。損は困りますが、手取りが上がれば税金についても増えるので注目と認識が大切です。