-

【全損】とは名称が示すとおり車の全部が壊れてしまった場合で、結果的に走れないという状況の移動手段として役割を果たさなくなった場合に用いられますが、乗用車の保険で定義されている《全損》は多少異なった意味合いが含まれていたりします。マイクレ

自動車の保険においては自動車が損傷を受けた状態で〈全損と分損〉の2種類に区分され、分損は修復の費用が補償金内でおさまる場合を示し逆に〈全損〉とは修復の費用が保険金の額より高いケースを指します。ブランドものでクレジット

一般的には、乗用車の修理で【全損】という場合車の心臓、エンジンに致命的な打撃が起きたり自動車の骨組みが歪んでしまって元に戻すことが難しい時、リサイクルか廃棄にするのが当たり前です。

乗用車の事故が起こってお店や保険屋さんが必要な修理の費用を算出した状況で、見かけがちゃんとしていて修理が可能である場合でも修復費が保険よりも大きくては何のために自動車保険に入っているのか分からなくなりそうです。

こういうときには、《全損》と判定して車の権利を車の保険屋さんに譲って保険額を受けとる条件になっています。

当然の事ですが長年所持した自動車で未練があり、自費で修復して乗り続けたいという方はけっこういるので状況によっては自動車の保険屋さんと確認しあうといいかもしれません。

また、保険の種類によってはそういった場合が考えられていて特約などの(全損)の時に特約が設けられている状態が存在し万が一愛車が(全損)なったケースでも買い替えなどの経費を一部分負担してくれるサービスも実在します。

さらに盗難にあった時の補償額の特約をつけているならば被害にあった自動車がどこかへいってしまった時でも《全損》の扱いで、補償されることになります。