-

破産宣告の際にあなたの借金に関してその保証人となる人が存在する場合はきちんと話をしておいたほうがいいでしょう。75-15-104

ここにおいて、改めてお勧めしますが債務に保証人が存在するときは、破産申告以前に少し考えた方がいいでしょう。75-13-104

その理由はあなた自身が破産手続きを出して免除がおりるとその保証人がみなさんの義務をみんな果たす義務が生じるからです。75-9-104

なので、破産申告の前段階で保証する人に、至った現在の状況を報告して謝罪をしておかなければなりません。うつ病 治療 休職

そういったことは保証人になるひとの立場から見ると当然のことです。75-19-104

友人等のあなたが破産の申告をすることで、結果的に数百万ものローンが回ってくることになるのですから。75-18-104

それ以降の保証人である人の選べる選択ルート以下の4つです。75-8-104

一つの方法は、保証人である人が「すべて支払う」というものです。75-10-104

保証人がその何百万円もの苦労することなく返済できるというようなキャッシュを持っているならば、この方法が可能でしょう。75-20-104

でもむしろ、そのまま破産宣告せずに保証人に立て替えをお願いして保証人自身に月々の返すということもできると思います。75-5-104

また保証人が破産を検討している人と関係が良いなら、少し期日を猶予してもらうことも問題ないかもしれません。

それに一括で完済が不可能でもローン業者も相談で分割払いに応じる場合も多いです。

保証人となっている人にも破産申告を行われると、貸金が全然返金されないことが考えられるからです。

また保証人が保証したカネを全部まかなう経済力がないなら借金しているあなたと同じくいずれかの債務の整理を選択しなけばなりません。

2つめの選択肢は「任意整理」です。

この方法を取る場合債権者側と話し合う方法によって5年ほどの期間で弁済していく感じになります。

実際に弁護士にお願いする際の費用の相場は1社につきおよそ4万円。

合計7社からローンがあった場合約28万円かかります。

確かに債権者側との示談を自分でやることもできないことはないですが、債務処理に関する経験がない人の場合相手側があなたにとっては不利な和解案を押してくるので気を付けた方がいいでしょう。

それに、任意整理をするとしても保証人にカネを払ってもらうわけですからあなたはちょっとずつでもその保証人に返済をしていく義務があるでしょう。

3つめはその保証人も破産した人と同じく「破産宣告する」場合です。

保証人となっている人も返済できなくなった人と同様に自己破産を申し立てれば、保証人となる人の返済義務も消滅します。

ただし、保証人である人がマンション等を持っている場合はそれらの個人財産を取り上げられますし司法書士等の業務に従事している場合などは影響を受けます。

個人再生による手続きを活用するといいでしょう。

最後に4つめの選択肢は、「個人再生をする」方法についてです。

不動産を残して負債整理をしていく場合や、自己破産では資格制限に触れる職についている場合にメリットのあるのが個人再生による処理です。

この処理の場合自宅は残せますし破産手続きの場合のような職業制限、資格に影響する制限がかかりません。

75-4-104 75-12-104 75-16-104