-

クルマを売る時や、さらに中古車の査定のさいも印鑑証明というものが必要になります。

この印鑑証明という書類に関して説明しましょう。

印鑑証明という書類は、ある印鑑に対して、それが実印として認められていることを証明する目的の書類です。

印鑑証明書がないと、使っている印鑑が実印であることが実証できません。

高額な取引になる自動車の売買なので、必然的に実印が必要になりますがそれと同時に印鑑証明が登場します。

印鑑証明をつくるためにはまず印鑑証明しておかなければなりません。

書類に登録するはんこは正式には実印と呼ばれていて、同じものが二つとない印鑑である必要があります。

この印鑑を用意してお近くの役場に行けば、印鑑登録できます。

手続きが終わると、印鑑登録カードが交付され、印鑑登録をしたハンコは実印として認められたということになります。

印鑑証明を交付してもらうには役所の担当部署へ行き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を記入して印鑑登録カードを出すだけです。

また自動交付機でも印鑑証明を発行する事が可能です。

印鑑証明そのものには有効期限はないのです。

なのでどんなに前の印鑑証明であろうが効力はあるということになります。

しかし、クルマ売却の際には必要になるのは三ヶ月以内に発行された書類とされています。

普通は有効期限などはありませんが、車買い取りの際には、買取先が必須となる有効期限を設定していますので、仮に愛車の買取を検討しているなら持っておく必要があります。