-

実際にPCの前に座りつねに動いているマーケットを眺めているとすぐに売買をするという衝動に追い立てられる方も少なくないと思います。コンブチャクレンズ 美肌

だがしかし、あやふやな思いつきでトレードするのだけは決してしてはいけません。http://www.sakusakura.jp/

ご存知の通り、市場は年中どういう時でもどこかの国の市場がやっているし、相場も常に、動いています。レモンもつ鍋

しかし、だからといって何度もトレードをするとそれだけで損をする可能性が増します。ラーメン二郎 京成大久保店

当然、エントリーの数を積み重ねる事で、だんだんと儲けられる可能性が五分五分になっていきます。風水

けれども「なんとなく直感で売り買い」とは別の話です。

売買回数を増やす意味というのは自分が「ここがチャンス」と思いついた自信を得られたところでのトレード回数を増やすという意味である。

特段の理由も無く、ひっきりなしにトレードを繰り返すのとは明確に違います。

市場の戦いにi挑むには白分で主体的に緩急をつけることが必要です。

「ここだ!」と感じた外国為替相場の時には、迷わずポジションを増やして、意識して利益を求めます。

「少し分かりにくい外国為替市場で、どう動くのか考え付かないな」と考えた時は、執着しないで所有ポジションをひとつ残さず閉じて何もせず静観します。

そのくらいの緩急をつけた方が最終的には売り買いは成功します。

外国為替相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

本当にその通りです。

外国為替相場とは休みなく売買ポジションを持つことが肝心な事ではなくどのポジションも保持せず待っている事も時には、取引です。

じゃあ、どういう場面で、休むべきなのでしょうか。

最初に考えられるのが、先に述べたように、直近の外国為替市場が今ひとつ理解できない時です。

今から上がるのか下がるのか決断できない時は、思いつきで行動すると、自分の書いたストーリーとは異なった方向に相場が動いてしまい損する事になってしまいます。

こういう状況ではポジションを閉じ何もせずに静観を決め込むのが最善の策です。

次に、自身の体の調子が思わしくない時です。

体の状態とマーケットに関係ないと感じる方もいると思いますが実は影響します。

コンディションがよくなければ外国為替相場の失敗できない状況で必要な判断が出来ない場合が多くなります。

気分が進まない時は市場から距離を置くことも大事なことだ。