-

民事再生という手段は住宅ローンなどもある多重の債務に悩んでいるひとをターゲットに住んでいるマンションを維持したまま経済的に再建するための法的な借金整理の手段として2000年11月に施行された制度です。毛孔性苔癬の脱毛

破産みたいに免責不許可となる要素がないので、投機などで借金を作った場合においても民事再生は問題ないですし破産が理由で業務不可能になる可能性がある業種で収入を得ている場合等でも手続きは行えます。

破産の場合には住んでいるマンションを保有したままにすることは考えられませんし、他の債務処理方法では、元金は返済していく必要がありますのでマンション等のローンもある一方で返済をしていくことは多くの人にとっては難しくなるでしょう。

ただし、民事再生という手続きを選ぶことができればマンション等のローンを除いた負債については少なくない負債を減らすこともできますので、余裕を持ちながら住宅のローンを支払いながらあとの負債を払い続けることができるというわけです。

しかしながら、民事再生という手段は任意整理または特定調停などとは異なって一部の借金だけを切り取って手続きを行うことは許されませんし、破産のように借金それ自体なくなるわけではありません。

さらには、そのほかの選択肢と比べても手続きが複雑で時間が必要ですので住宅ローン等を組んでいて住んでいる家を手放したくないような時を除外して破産申請など他の債務整理ができない時だけの最後に考える手続きとして考えていた方がいいでしょう。